詰め替えインクの利便性について

詰め替えインクの利便性について

詰め替えインクの利便性について 純正のインクカートリッジが空になったとき、カートリッジを取り換えるのではなく詰め替えインクを空になったインクカートリッジに入れる方法があります。
純正のインクカートリッジはメーカーが本体価格の販売金額を抑えて、インクカートリッジなどの消耗品により利益を上げる販売戦略のため価格が高く設定されています。
プリンターを購入してもらえればその後の消耗品は純正のものを購入することが一般的だからです。
詰め替えインクは純正品ではなく他社メーカーが製造販売しています。
詰め替えインクの利便性は買い置きしておけばインク切れになったときすぐに空になったインクカートリッジにインクを充填することができることです。
インク詰め替えは付属キットのドリルでインクカートリッジに小さな穴をあけそこからスポイトの要領でインクを入れてい方法が一般的です。
根気がいる作業で、熟練を要します。
また手がインクで汚れる覚悟も必要です。
品質的にはメーカーによれば純正インクは耐光性が強く写真のプリントでは長年の保存に耐えるようできており発色もプリンターに合わせて調整されているので良い色が出るようになっています。
価格の優位さは詰め替えインクに軍配が上がりますから節約のためのリスクを覚悟できる人や白黒印刷が主な用途の人にとっての選択肢です。

詰め替えインクとは?

詰め替えインクとは? インクジェット式のプリンターを使っている方が大勢いて、企業などでも活用されているものですが、一般家庭用のプリンターとしても普及をしている機器になります。
インクジェット式の場合では、インクが無くなってしまった場合では、機種のメーカーと型式に合わせたインクを購入して、そのまま交換することが求められていて、交換しない場合ではプリンターが機能しないことが前提です。
インクは通常ではカートリッジのように個別で販売されていて、結構な高額で販売されていることも知られている内容です。
しかし、現在では非常に便利に使えるアイテムとして詰め替えインクというものが販売されています。
詰め替えインクとは、その名称通りにシャンプーのように詰め替えを行うことができるように工夫されているもので、メーカーや機種別に販売されている純正インクと同じような質を保っているインクの中身を販売していることになります。
従って、純正品のようにカートリッジ式で購入する方法ではなく、カートリッジに対して液状のインクを流し込むように使えるタイプがメインとして販売されていて、インクの残量が減ってしまったカートリッジでも複数回にわたって再生できる見事なインクを指しています。

おすすめのインク関連リンク

自社工場で再生される低価格で高品質なリサイクルトナー・リサイクルインクの製造直売サイト

リサイクルインクなら